10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪滅ぼし

2017年 05月28日 23:05 (日)

罪を気負うことを罰として、罪と罰がコインの裏表なら、コインとは罪悪感となるだろうか。

守り通せる見込みの乏しさ故に愛しく感じるならば、愛する行為自体が罪と罰の裏返しになるだろうか。

目を背けた罰、いつも通りに過ごせると思い込んだ罰、知らなかったじゃ済まないなんて、本当は認めたくはない。

罪を気負うべきか否かについて、常に苛まれているわけじゃないし、どちらかしか選べないわけじゃない。

どんなに間延びしたって失う瞬間は訪れて免れない必然にあり、何気無い日常の有り難みを最大限に保とうとしたって失う瞬間に勝る有り難みなんて無いのかもしれない。

大事と思えば大事、そうと思わなければそうでもない、失われやすい何かを守りたいと思う気持ち自体は浮き沈みしたって失われはしない。

自分にとって何が大事かを決めるのが自分の判断の匙加減に拠るなんて、まるで独り夢の世界に生きてるみたいに、周りからは無関心な問題に映るのだろう。

ありがとう、という感謝の言葉は、簡単に手に入れるべき何かを遠ざけられた苛立ちから発する、皮肉混じりな物言いなのだろうか。

世界は変わらないし、変わらなくてもいい、あるべき全てが備わっている、ありのままの姿、至近距離で見失う大樹の全容。

なんでこんなものを正そうと思ったのか、大事なものを守り通せるような世の中であってほしくて、そう思ったんじゃないのか。

自分の人生は自分のものであってほしいから、共感するなら人の人生だって奪いたくないし、奪われたくない。

求める気持ち、欲しすぎると憎らしくて、奪われていると思って奪い返したくなるんだ。

周りを敵に回し、更に守り難くして、人の中にある力を使えなくなれば、後はもう遮られるしかない。

好奇心は協調性との折り合いが肝要だって時々思い出すけど、切り開かれた道は再び閉ざされないように手入れを施さなければならない。

脆弱な人体に長く平常心を保たせるのは思いのほか容易なことなのかもしれないが、常に損なわれやすく、常に補われるべき感性であることは留意しておく必要がある。

自分が誰からも期待されてないと思ったら頑張る理由さえ無くなってしまうし、そもそも頑張らなかったら期待される理由だって育めない。

自分なんて、なんて思ったら時間を費やして向上の糸口を掴むきっかけを自ら失いかねないのだから、今の自分なんて期待されてなくて当たり前、後になって今みたいに気後れることの無いように、目下見込みなくても動じずに続けられる平常心を取り戻そう。

こんなに簡単に済ませていいのだろうかと思うものほど誰も着手していない場合があるから、簡単故に時間を多く費やせる合理性を見逃さずに、明らかに分かることから片付けてしまえばいい。

もう中途半端な結果を残したくはないから、妨げとなる足枷は予め全て取り払っておかなければならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。