10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎

2017年 04月23日 15:41 (日)

短距離の走り方を減量に取り入れてみたいけど、どうにも股関節が回らない。

上体の重みが真下にのしかかって、関節の隙間が埋められているみたいに骨盤周りの動きが鈍い。

短距離ならではの勢いを走りに乗せられれば、逆に消耗を軽減して長く速く走れそうなものなのに。

そこで思い出したのが中学時代に所属していた陸上部の基礎練で、一定の距離でしっかり膝を上げながら小刻みに走り進める、あの動きの繰り返しが今になって必要になった。

昔は当たり前のようにできていたことが今は取り組むことさえ億劫で、思えば当時から何が大事でやってるのかよく分からないまま適当にこなしていた。

自分にとって基礎っていうのは、もっと手前にあってほしくて一番奥にあり、奥で拾って手前に配置する傾向にある。

色々試してみて今必要に思える基礎がそこにあるから、もっと早く済ませるべきだったとしても先に取り組めるとは限らないのだと思う。

こうやって何かを試したいと思う前向きな気持ちは継続に欠かせない要素で、反面日常の退屈で生き甲斐を失い、陰鬱な余生を強いられる苦痛を紛らわす為に取り組めているのではないかとも考えてしまう。

薄々予感はしていたけどこうして続けられる習慣があるのはブログという場で誰かが見ていてくれていると思うから続けられるのであって、自分なりの工夫で見つけだしたコツのおかげ云々よりも、極端にいってしまえば何もかもブログの性質や読み手の方のおかげで、それがなかったら自分で考えるコツの在り方なんて継続に寄与しない脆弱な絵空事みたいなものかもしれない。

決して悲観しているわけではないのだけど、自分の継続の拠り所となっているものを見誤りたくない、覆い隠して見失いたくないから、今こうして残しておく必要がある。

誰かが見ていてくれなかったら委ねられない負担がある、空想の第三者なんて意識するだけで消耗を促しそうだから、このやり方が確かに習慣化の礎で、自分の力だなんて思い込んで本質的な支えを蔑ろにするべきではない。

偽りを放置したまま続けてしまえば、いつか目標を達成した時に浮かれて忘れてしまいそうな事態を危惧して、本当に自分の支えになって独自の段階に適当な手段を導き出してくれたものが何なのかを第一に伝えられるように、習慣化の根っこを今のうちに抑えておかなければならない。

こういうのは割とすぐに見破られてしまうものだと思うし、自分にもできないことを人に強要する事態は自分にとっても望ましくない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。