FC2ブログ

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の力

2017年 02月23日 02:06 (木)

何かいい記録を出したい時、その大一番の取り組みに伴う重圧が億劫で尻込みし、普段やってる練習に戻って安心してしまうことがある。

対処に有効な傾向を得ようとする行為に間違いはなくとも、練習は膨大な繰り返しを要する見込みから余計な配分を強いられ、ここぞという時に必要な集中力を発揮できない辻褄から、結果として際限無く安易な失敗に時間を割いてしまう。

結果の出し方や群の抜き方があるとしたら、処理の対象を狭めて配分の網羅を改め、言い訳が利かない程に条件を緩くすることで引き出せる鋭敏な集中力の発揮が不可欠となる。

そもそも必要以上に持続し難く、不慣れな他者を巻き込み下積みの差を思い知らせるには自分が最大限の能力を発揮し得る為の有利な時間制限を設ける必要がある。

それ以上鋭敏な集中力を発揮できない事実は決して他者に悟られず、有利な時間だけを切り取って相手に反撃や対策の猶予を与えない狡猾さが勝敗を際立たせている。

ありふれた基本を緻密に制御する億劫な短期決戦の恐さは、到底長続きできないような辻褄の鋭敏な集中力を常に不自由無く発揮しようとしてしまう点にある。

重圧から逃げるように練習に没頭するものかと思ったが、実際は安易な配分を促す膨大な時間規模が、僅かな間で済ますべき鋭敏な集中力の発揮を億劫にさせているだけなのかもしれない。

時間制限された取り組みに身を置いて奇しくも時間的な負担を短縮し、余計な手間の配分を免れて目先の専念すべき問題の対処に還元できる事実は人によっては受け入れ難い道理となる。

限られた猶予の窮地に身を置けば、必要に迫られて引き上げられる力の自覚が、まるで嘘みたいに今まで取り組めなかった対策や準備を滞りなく済ませてくれる。

いつでも晒せる、いつ晒してもいい、自分で発揮のタイミングを選べる、新たに人に晒すだけで報われるべきだからこそ既に完了された下積みの意義が確かめられるのであって、何度練習を繰り返そうと本番で不自由無く発揮できなければ一度もやったことのない取り組みに従事しているのと大して変わらない。

配分の網羅を免れて発揮できる鋭敏な集中力の最小単位は今の力であり、集中のタイミングを今この時、目先の細部に限らせることによって初めて繋がる基本の力がある。

当てるべきを当て、避けるべきを避け、僅か一ミリの誤差も妥協しないような集中力の発揮こそが基本を遵守するということであり、その他一切を意に介さぬ程の時間の割き方、注ぎ方を確保する為に、整えるべきを整えて気がかりな点を予め排除しておく必要がある。

長持ちしないはずの集中力がいつでも不自由無く発揮できているように思えるのは、発揮に有利な周期ないし頻度を設け、不慣れな他者を巻き込みながら都合よく勝ち負けを操作できるからなのだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。